退職代行

退職代行サービスSARABAを選ぶ理由は!?弁護士と退職代行の違いについて

退職代行SARABAの強み・特徴

退職代行も現在では様々な業者がサービスを提供している中、他社を差し置い【退職代行SARABA】を選ぶ理由がどこにあるのか気になりますよね。

ここでは、退職代行SARABAが持つ、強み・特長について解説します。

会社と交渉を行うことができる

ポイント

退職代行SARABAの強みの一つは、会社と退職に関する交渉を行える点です。退職代行なのだから、退職に関する交渉ができるのは当たり前ではと思うかもしれませんが、実は違います。一般の退職代行業社が行えるのは、利用者の代わりに「退職する」と会社に伝えることだけです。

有休消化や退職時期の調整など、退職に関する交渉を行うことはできません

なぜできないのかというと、弁護士以外が退職に関する交渉を行うことは、弁護士法で禁止されていて非弁行為に該当する可能性が高いからです。

その為、真っ当な退職代行業社でれば、法律に違反しない範囲で退職代行を行いますが、利用者からすると最低限の結果(退職のみ)しか得られないかもしれません。

しかし、「退職代行SARABA」については、他の業社と異なり労働組合がサービスを運営しているので会社との交渉が可能です。

返金保証がある

万が一、退職に失敗してしまった場合でも、SARABAには全額返金保証が付いているので安心です。

退職代行の利用を考えている人にとって一番不安なのが、依頼して本当に退職ができるかどうかかと思います。

わざわざお金をかけたにもかかわらず、退職できなかったなんて結果になるなら、自分で会社に伝えればよかったと後悔するのも当然です。

ポイント

退職代行SARABAであれば、仮に失敗したとしても、支払った費用は全額返金してもらえるので、自身の懐が痛む心配はありません。なお、SARABAの退職代行成功率は、ほぼ100%※であり、基本的には失敗することはないので安心してください。

※利用者都合で一度退職が成功しなかったため

料金が分かりやすい

シンプルな料金設定も退職代行SARABAの魅力といえます。

通常、退職代行では正社員/契約社員とアルバイト/パートで料金設定を分けているケースが多いといえます。

ですが、退職代行SARABAでは、就業形態に関係なく料金は一律24,000円

詳しくはコチラ

退職代行ができる事とできない事

様々なメディアで退職代行について取り上げられている為、知名度も昔と比べるととても上がってきました。

退職代行は代理ではなく使者という扱いな為、有給や給与未払いなどの問題について交渉ができません。

その為、以下の3つのような事を言われた場合には、対応する事ができなくなります。

  1. 退職代行会社は認めません。
  2. 損害賠償を請求します。
  3. 弁護士を通してください

実際にそのように対応されたお金も返金される事なく、被害に遭われた方も多数います。

しかし、【SARABA】は労働組合であるため団体交渉権があります。

もし、会社が労働組合と交渉しなければ不当労働行為になってしまいます。

そもそもですが、退職代行会社が行うと、非弁行為の余地があるため、退職が認められず、無断欠勤扱いになる場合もあるのです。

労働組合ができること

  • 退職日の調整
  • 未払い給料や残業代などの金銭の請求
  • 退職したら損害賠償だと言われた場合

※非弁行為について

非弁行為」を簡単に説明すると「弁護士法に定められている弁護士のみに認められている行為を弁護士以外の者が行うこと」です。

非弁行為とは?弁護士72条違反行為をわかりやすく解説

格安退職代行サービスの罠

退職代行会社を検索してみると、中には1万円を切るような会社も出てきます。

できるなら、費用を抑えたいという気持ちは分かりますが、実は格安サービスには罠があります。

その罠とは?

オプションサービスでどんどんお金がかかってくる事です。

即日の実行+1万円、折り返し電話対応+1万円、営業時間外の対応+2万円といったようにどんどんお金がかかり、基本料金は1万円ですが、実際は5万円ものお金がかかる可能性があるという事です。

その点、「SARABA」では即日の実行、折り返し電話対応、営業時間外対応などなど、全てコミコミで24,000円となっており、追加料金が発生することはありません。

さらに、もし退職できなければ全額返金サポートもあるので安心して利用ができます。

弁護士に相談した場合とSARABAの比較

弁護士の場合

弁護士費用は、相談量、退職ができた際にもらう報酬金、内容証明などを書いてもらう着手金、事務手数料、日当など全て合わせると、安くとも15万円ほどかかります。

しかし、弁護士から退職したいという書類が勤め先に送られてくるため、非常に効力があり、100%退職する事ができ、残業未払いなどの交渉もやってもらう事ができます。

しかし、何よりも高額ですよね。

弁護士費用は、事務所により様々であり、中にはさらに高額な費用が掛かる場合もあります。

その為、退職できたはいいけど高額な費用を払わなければいけないっという状態に陥ってしまう可能性があります。

SARABAの場合

SARABAでは24,000円で、それ以上の費用がかかりません。

SARABAでは、即日の実行、折り返し電話対応、営業時間対応など全てコミコミで24,000円となっております。

また、もしも退職できなければ全額返金サービスがあるので安心して利用ができます。

退職までの流れ

ステップは全て4工程で終わります。

STEP1:電話かメールにてご相談

  • 即日退職したい
  • 会社と連絡を取りたくない
  • 家族にバレずに退職したい
  • 離職票を送ってもらいたい
  • 有休消化を消化できるように伝えて欲しい

などなどの希望はそれぞれあると思いますが、電話・LINE・メールで依頼をする

STEP2:相談後に、正式申し込み

申し込み価格は雇用形態に関わらず料金一律24,000円となっています。

申し込み先につきましってはお問い合わせの際に伝えられます。

STEP3:担当者との打ち合わせ

申し込みの確認が取れ次第、対応してくれます。

STEP4:SARABAが会社に連絡

SARAbaがあなたに代わって、退職に必要な連絡を代行します。

退職が完了するまで、電話・メール・LINEにて回数無制限で対応してくれます。

詳しくはコチラ

よくある質問

HPによるQ&Aを抜粋しています。

Q,本当に退職できる?

A,今まで数々のご相談に対応させて頂きましたが、退職できなかった事は一件もありませんのでご安心ください。万が一退職できなかった際はあ、全額返金いたします。

Q,代行後に会社から自分に連絡がくるのでは?

A,本人には連絡しないようにお伝え致しますので、ほとんの会社はそのように対応して頂けます。ただし、そう伝えても強制力がないため、会社によっては連絡をする場合があります。その為、100%連絡がこないようにするのは難しいです。

Q,代行日当日に退職することなんて本当にできるの?

A,民法の規定では無期雇用な方であれば、2週間前までに退職の旨を伝える必要があると書かれていますが、会社が認めればその日でも退職は可能です。

また、出勤しない社員に社会保険料などがかかってきたりするので、多くの会社に認めて頂けます。

退職代行SARABAの評判・口コミまとめ

退職代行SARABAを利用するにあたり、実際の利用者がどう感じたかも気になるところでしょう。

この項目では、退職代行SARABAの評判・口コミを紹介します。

良い口コミ

https://twitter.com/dorako_taro/status/1277568129271398400?s=20&t=eq76w07rsUf55m1fEbG0eg

https://twitter.com/chasen0811/status/1032197161708969984?s=20&t=zq-6exahZzlMP1KCKLtFtQ

悪い口コミ

退職代行SARABAの悪い評判・口コミに関しては、利用者と思しきものはほとんどありませんでした。

ただ、退職代行を利用された側(会社)や、弁護士、社労士などの専門家による悪い意見はいくつか見受けられました。

詳しくはコチラ

まとめ

退職代行SARABAは労働組合運営という強みを活かすことで、他社よりもスムーズかつ踏み込んだ対応が期待できるサービスといえます。

退職代行という未知のサービスを使うにあたって、すばやい対応ほど利用者が安心できるものはないでしょう。

もし現在すぐにでも会社を辞めたくて悩んでいる人がいれば、退職代行SARABAの対応は非常にスピーディーなので利用してみてください。

-退職代行