退職

円満退職ノウハウ年代別紹介

転職や退職には人それぞれ様々な事情があります。現在の職場の人間関係、待遇面での不満、仕事に対する不満などネガティブな理由で転職に踏み切る人もいます。

その中には「どうせ辞めるなら、言いたいことを言ってスッキリして辞めてやろう」と考えている人もいるかもしれません。しかし、事情はどうあれ、転職に際しては前の職場を円満退職しておいた方が色々な理由でメリットの方が大きいです。感情的なふるまいはあなた自身のためにはなりません。

円満退職のメリット

会社を辞める時、可能な限り円満退職した方が良い代表的な理由は7つあります。

①退職日を迎えるまで周囲との人間関係で嫌な思いをしなくてすむ
②退職に関する事務手続きが円滑に行える
③転職のためのモチベーションを下げずにすむ
④現在の会社と将来協力関係を結べる可能性がある
⑤業界内に悪い評判を立てられずにすむ
⑥円満退職なら転職先にもクリアに退職状況を説明できる
⑦気持ち的な後ろめたさを残すことなく退職できる

一度はその会社で長く働くと決めたからこそ社員になったという人がほとんどのはずです。しかしあなた自身の考え方や状況の変化、「思っていた会社と違う」「考えていた働き方と違う」などのミスマッチからも転職・退職へ意志が強くなっていくことは決して珍しいことではありません。また、この業界で十分な経験を積んだ方なら、新たなステージへ踏み出すために転職・退職を検討する場合も当然あるでしょう。

それら「退職の理由」を検討していけば、どんな状況で退職する場合であっても、「会社に起因するもの」と「あなた自身の希望によるもの」の両方が複合的に組み合わさって「退職する理由」となっていることがわかります。例え、どんな苦しい状況で退職を選んだとしても、一方的に「退職はその会社に理由がある」と断じるべきではないのです。その会社でこれからも働く人がいる以上、その立場を思いやり、あなた自身がその人たちの妨げとならないようにすることが退職の礼儀なのです。

また、理由はどうあれ、退職を巡って上司や同僚とトラブルを起こすと、あなたの評判が悪い方向で業界内に回ってしまうことや、人を経由していくことで小さな話が大きく広がってしまう可能性もあります。

転職希望先の企業からも前職を辞めた経緯を質問される場合があります。円満退職であったことがわかれば、あなたに対する評価は上昇するでしょう。採用担当者は「トラブルメーカー」を敬遠します。トラブルの原因があなたではなく前職の会社にあったとしても、採用担当者にそうしたいきさつはわかりません。前職を円満退職していないために「ひょっとして、うちも悪い辞め方をするかもしれない」と疑われるだけでもマイナスになります。

こうしたことを考えると、前向きな気持ちで転職活動に専念するためにも、新しい仕事を気持ちよくスタートするためにも、今の会社での不満などは水に流して円満退職を心がけるべきだと思います。

円満退職をスムーズに進める5つのポイント

円満退職を迎えるため意識しておく事が5つあります。

退職理由はポジティブに

円満退職を実現するためには、退職理由も会社が快くあなたを送り出してくれるような内容にするべきでしょう。「この会社にいてもスキルが身につかないから」「自分の業績を正しく評価してくれないから」こうした会社に対する不満が直接の退職理由だったとしても、それをそのまま今勤めている会社に告げるわけにはいきません。

「将来独立してフリーになりたいので、それに役立つスキルが身につけられる会社に移りたい」「どうしても○○をやりたいので、それができる会社に移りたい」というような前向きな理由であれば、今勤めている会社もあなたを引きとめにくくなると思います。

★退職相談時に悪い例と良い例

①退職を希望する理由は?

NG他にもっとやりたい仕事があるからです
OK将来のために必要なスキルを身につけたいと思っています

②現状の待遇や仕事内容に不満?

NG残業が多い状況と待遇に不満があります
OK退職は現状への不満ではなく次のステップへ必要だと考えています

③転職先は決まっている?

NG◯◯社に内定をいただいています。
OK検討していますがまだ決まっていません

会社の経営者や上司が退職希望者に交渉を試みるラインは2つです。第一のラインは当然のことながら、退職を断念させて雇用を継続すること。次のラインは退職者がでることによって起こる会社のマイナスを最小限にとどめることです。

あなたがスムーズに退職するためには、第一のラインを早急に諦めてもらい、第二のラインにあなたが協力することを意思表示していくことが大切です。現状の不満の表明は円満退職へのフローを後退させることにしかならないことを肝に銘じておきましょう。

円満退職の意思表示はできるだけ早く伝える

退職を決意したらできるだけ早く会社に意思を伝え、後任者を準備する時間的余裕を設けましょう。一般的には、退職は退職予定日の1か月以上前に申し出ることとなっています。しかし、会社や仕事内容によっては後任者の決定、業務の引き継ぎのために2~3か月の準備期間が必要な場合もあります。時間的な余裕がなく、あわただしく引き継ぎを済ませると後任者も混乱しますし、職場にも迷惑がかかります。そういうことのないよう配慮するのも円満退職の秘訣です。

なお、後任者がなかなか決まらない場合は引き継ぎ事項を整理して資料にまとめておくといいでしょう。また引き継ぎ事務については後任者とふたりだけでおこなうのでなく、上司を交えて三者で行うと教え漏れや誤解などが発生しにくく、より円滑な引き継ぎが行えます。

職種・年代別でトラブルを残さない

退職の方法にある程度のアウトラインがあっても、その人の抱える仕事の状況は職種やポジション、経験、社内での年次によっても変わってくるでしょう。

経験やポジションが高くなっていれば、それだけ社内で負っている責任は大きく、退職までのフローは複雑になります。自分が退職するためには、どんな人にどんな負担を頼むことになるか、会社はどの人を後任に当てるか、あるいは採用が必要かまでをあなたも予想しておくことが円満退職するためには必要です。具体的な円満事例と失敗事例を見ていきましょう。

守らなければならない事

①自分を気にするだけでなく、相手の立場に配慮して事実を伏せる

退職時において、転職先に関する情報を話すべきかは転職者にとって悩む部分だと思います。実際は転職先が決まっているのに、「これから転職活動をおこないます」と言ったり、「家業を継ぐ」「家族の介護が必要になった」などの事実とは違う理由を言って退職する人も少なくありません。このことを保身と捉えることもできますが、退職する会社から見れば、退職後のあなたがどのような道を歩むかよりもあなたが抜けたことによって、社内のモチベーションをいかに落とさないかが重要です。

あなたの転職が有意義であればあるほど、退職企業はそのことに触れたくはないのが会社を経営していく者の心理なのです。事実と違う退職理由を上げることは、そんな退職する企業を守ろうとする経営陣にとって必ずしも不誠実なこととはいえません。退職を思いとどまる可能性があるならば、事実を話して現職での仕事内容や待遇改善を目指すこともできますが、そうでなければ、事実を伏せることも退職のマナーの一つだと考えましょう。転職先で退職する企業と密接な関係性を保ちたい場合であっても、それは転職が完了してから関係修復を図るのが得策です。

円満退職は今の上司・同僚が人脈へ変わる

①退職企業をあなたのライバルにしてしまうか協力者にするか

「会社を離れた業界内の横のつながり」は、将来の自分の貴重な財産となります。思いがけないことで助けられたり、貴重な情報を得られたりといったこともあるでしょう。ただし、それはあくまでも円満退職した場合の話です。辞め方が悪いと、増やさずにすむ敵をわざわざ増やしてしまう結果にもなりかねません。

②円満退職を人間関係のリセットの機会と考える

確かに退職を考えるということは、少なからずその会社や人間関係に不満があってのこと。それでも、退職する企業や、その企業を構成する人々との信頼関係を損なわず、継続可能な状況にしておくことが、あなたの今後のワークライフにおいてどれほど有意義かもあなた自身が感じていることではないでしょうか。

だからこそ退職をリセットと考えることができれば、これまで不満があった部分を解消したりすることも可能です。例えば、仕事上で上司との関係や同僚とのやりとりがどうしても上手くいっていなかったとします。しかしあなたの退職はその人間関係に新たなシチュエーションを与えることにもなるのです。

あなたから一歩踏み出して人間関係の改善を図っていくことも決して難しくないはず。そんな形で在職時以上に人間関係を改善し、転職先では重要な協力者ともらえる例は少なくありません。円満退職を機に社内の多くの人たちとニュートラルな関係性を築き、次の仕事での人脈にすることを目指してください

まとめ

転職の時期は自分を取り巻く環境が大きく変わるため、あなたにかかるストレスも大きく神経質になることが多いでしょう。そういう時期を無事に乗り切るためには、できるだけ周囲の人々とトラブルを起こさず、応援されるかたちで円満退職できることに越したことはありません。人はついつい自分中心に物事を考えがちですが、そんな時だからこそ退職する会社やそれを構成する人々の立場を考え、行動することが必要なのです。

あなたが有能であればあるほど、あなたが退職することは会社にとってマイナスになることは否めない事実です。強い慰留があってもそれにただ反発するのではなく、自らの価値を認識してくれているということに感謝し、あなた自身が去ろうとしている会社に最後まで敬意を持って対応していきましょう。

あなた自身が次へのステップアップとして転職を選択していたにしても、あなたが退職する会社で得たものは、スキルや経験、人脈のみならず、あなた自身が意識していないものまで含めて実は膨大です。現状への不満があっても意識を切り替えて感謝の念を持つことは、あなたにとっても退職を大きなプラスに転じるきっかけになるのです。上司・同僚を問わず「人間関係を何よりも大切に考えること」が、円満退職の最大のコツになるのではないでしょうか。

-退職