退職代行

退職代行とは?話題の退職代行の選び方と問題・注意点について

会社を辞めたいのに辞められない、そう悩んでいる方をサポートしてくれるサービスとして、退職代行サービスは非常におすすめです。

とはいえ、会社を辞めたいと思っている方の中には、どのようなサービスなのかよくわかっていない方もいると思います。

・退職代行とはどのようなサービスなの?
・退職代行サービスを利用する時の注意点とは?
・実際に退職代行業者を選ぶ時のコツは?

今回は、以上のような疑問に答え、退職代行サービスとはどのようなサービスなのか、その仕組みや情報について紹介します。

退職代行とは?

退職代行とは、冒頭でも触れたように会社を辞めたい「依頼人」に代わって代行スタッフが電話などで勤め先に退職の意思を伝えるというサービスです。

業者に依頼すれば、依頼人本人は会社や上司に自分で直接「辞めます」と伝える必要がない上、場合によっては依頼したその日から一切出社する必要もありません。

会社を辞めたい方にとっては非常に画期的なサービスです。

いつの時代も「会社を辞めたいけど自分では言いにくい」という方は大勢います。

上司からの圧力や人手不足などにより、「辞めたくても辞められない」という問題が浮き彫りになったことが退職代行のニーズが増えた背景です。

そのことから、第三者として会社と依頼人の間に入って退職の意思を代わりに伝える退職代行サービスの人気が高まり、その利用者数は年々と増えています。

退職代行サービスって怪しいけど安全?

退職代行サービスは非常に安全性の高いサービスです。

とはいえ、この仕組みは画期的ではありながら、最初は怪しさや不信感を感じてしまう方も大勢いるかと思います。

退職代行サービスは労働や雇用問題に詳しい専門スタッフが、法に則った上で着実に依頼人の退職を成功させてくれます。

ですので、中には退職成功率100%を誇る業者もいます。

また、近年では法の専門家である弁護士や弁護士事務所が代行業務を引き受けてくれるところもあり、安全性の高い退職代行業者を選びたい方にもおすすめです。

・会社の中で弱い立場に追いやられやすく、辞めると言っても聞き入れてもらえない
・上司や同僚との人間関係がうまくいかず、孤立してしまっている
・会社を辞めて違う道に進みたいけど、辞めると言い出しにくい

また、会社を辞めたいという希望が会社や上司に受け入れられない、嫌味を言われるのが怖くて言い出しづらいという方が多く利用されています。

退職に対して何か嫌味を言われるのでは、ということに悩みを不安を抱えている方は多くいらっしゃいます。

ですが、仕事を辞めることで職場環境や人間関係に対する強いストレスや苦痛から解放されることにも繋がります。

退職代行業者の料金は?

退職代行を依頼する際は、当然代行料金が必要となってきます。

各代行業者は、初めて利用する方から見てもわかりやすい料金設定で依頼を引き受けられており、その代行料金の相場は正社員で4~5万円、アルバイトで3万円程度。

勤続年数などで代行料金が変化する業者もあります。

雇用形態や勤続年数によって「仕事の辞めやすさ」は変わってくるので、自分の場合どれくらいの料金が相場であるのか、確かめておくことが必要です。

退職代行サービスって誰がどんな時に利用するの?

利用者が非常に増えている退職代行サービスですが、実際に誰が、どのような時に利用されているのでしょうか?

・会社や上司に「辞めたい」と言いたくても言えない人
・辞めたいといっても上司などから退職を認めてもらえない人
・辞めたいといっても退職を引き止められ、うやむやにされている人
・今すぐに会社を辞めたいと思っている人

以上のように、退職は労働者の権利でありながら、会社や上司がその退職を認めようとしないケースもあり、そのような状況下に置かれた方が代行を依頼されています。

また、仕事を辞めることを言い出しづらい状況の方も。

通常1ヶ月前、2週間前に退職意思を伝えなければいけないところ、代行依頼すればその日のうちに辞めることができるということも非常にメリットが大きいです。

以上のように、代行を依頼することには非常にメリットが多いことから、このような業界・性格の方が多く代行を依頼されています。

・サービス残業の多い、ブラック企業に務める接客業・サラリーマン
・労働環境が過酷・薄給であることが多い医療・介護・保育業界
・会社を辞めることが悪いことであるという先入観が強い人
・自分の意思をはっきりと主張することが難しい人

以上のように、労働環境や会社、そして職場での人間関係に対して不満を抱いていたり、心身に限界が来ている、転職したいと考えている方が多いです。

ただ、中にははっきりと意思を伝えても認めてもらえなかったという場合も。

そのような自分1人では辞めたくても辞められない、ブラック企業から抜け出す手段としても非常に便利です。

退職代行の問題点や注意点

ただ、人気の退職代行業者を利用してしっかりと会社を辞められたとしても、そこに問題点や注意点が生じてしまう可能性もあります。

退職代行のデメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

・親や友人に退職代行を利用したことが知られたら嫌な顔をされる可能性がある
・万が一転職先に代行依頼をしたことがバレたら採用を見送られる可能性がある

以上のように、会社を辞めたいという悩みを抱えたことがない人にとっては、退職代行をすぐに受け入れることはできないようです。

そのことから、身近な人物や転職先から不遇な扱いを受けてしまう恐れもあります。

ただ、このデメリットは近年徐々に薄まりつつあるものでもあります。

現在退職代行は、ブラック企業を抜け出すための手段のひとつとして利用することに理解を示されている方も増えています。

以上のデメリットが起きる可能性は0ではありませんが、それでも利用するメリットは非常に多いです。

そのまま今の会社に働き続けて体を壊したり、貴重な若い時間を無駄にするくらいであれば、早いうちに退職代行を利用して自分の人生を大切にしましょう。

退職代行を利用するメリット、デメリットについては下記記事で詳しく解説していますので、そちらも合わせてご覧ください。

退職代行サービスで本当に退職できるの?

退職代行を利用して仕事を辞めることは可能です。

ただ、退職代行を依頼することに失敗は許されません。

また、やり直しもできません。
もし代行に失敗したら、会社の人に何か言われるのでは、会社に訴訟を起こされるのでは、と考えてしまいます。

そのことから仕事を辞めたい方の中には、代行が失敗しないか不安に感じる方もいるでしょう。

ですが、退職代行サービスは退職に関するプロが行うので、失敗する可能性は非常に低く、安心して任せることができます。

退職代行業者の選び方

退職代行サービスは、そのニーズの高まりから業者数そのものがどんどん増えています。

そうなると、どの業者を選ぶべきなのか迷ってしまいますよね。

代行業者を選ぶ上で、その料金の安さはもちろん、対応の良さや実績、また信頼のおける業者であるかどうかも非常に重要になってきます。

おすすめの退職業者については、当サイト内でランキング形式にてまとめていますので、下記を参考にしてみてください。

まとめ

退職するということは決して逃げるということではありません。

「会社を辞めて大正解でした」こんな声は山ほど聞きます。

一生、勤め先で不満に思っているくらいなら、思い切って行動してみるのもいいかもしれませんね。

-退職代行